相続相談ができる専門家は弁護士

相続相談ができる相談相手は司法書士だけでなく弁護士にも乗ってもらうことができます。弁護士は法律の専門家で民事を専門に行う方も少なくなく、法律事務所の中には相続相談も扱うところが少なくありません。相続税の申告なども弁護士に代わりに行ってもらうことができますが、その他にも弁護士においては様々な相続相談をすることができます。

握手弁護士にできる相続相談は相続トラブルです。相続税を申告するまでには様々な過程があります。例えば法定相続人が複数いるご家庭では遺産分割協議を行い協議書を作成しなければなりません。分割をする時に法定相続人の中に遺産分割の割合に不満がある時にはトラブルに発展するケースもあります。トラブルが発生する法定相続は自分だけでは解決することが困難な場合もあるので法律の専門家である弁護士に依頼をして代理人を立てることができます。

弁護士には調査を依頼することも可能です。相続をする時はまず初めに相続ができる遺産や、相続人を把握しなければなりません。遺産や相続人の数が多いと正確に把握するのが難しいので、調査を弁護士の方に代わりにしてもらい相続人や遺産を知ることができます。その他にも相続放棄などの相談も可能です。


▼関連記事▼
・相続税の申告をする時は相続相談をしよう
・相続相談ができる専門家は司法書士
・相続相談ができる専門家は税理士