相続相談ができる専門家は司法書士

相続相談ができる相談相手は司法書士です。司法書士に相談できる内容は不動産登記が中心となります。司法書士は不動産の相続登記を扱ってくれます。相続する遺産の中に不動産が含まれる人は少なくないでしょう。不動産を相続する時には持ち主の名義を変更しなければなりません。しかし、不動産所有者の名義を変更する機会は少ないためどのように手続きをすればいいのか分からない人もいます。そのような方は司法書士に相続相談をすればアドバイスや書類作成の協力を得られます。

女性司法書士は遺言書の作成や検認の依頼ができます。遺言書を作成するのは主に被相続人になります。また、検認を司法書士に被相続人が依頼することで中身を確認して家庭裁判所で保管をしてもらうことができるので、内容を書き換えられるリスクが少ないので安全に管理をすることができます。

司法書士に依頼をすれば相続を放棄するための申述も代わりに行ってもらえます。遺産は全て法定相続人の利益になるということは少ないです。例えば被相続人に負債などの借金がある場合、それも遺産になるので法定相続人は相続をすると借金返済の義務が発生することになります。このような遺産を引き継ぎたくない時には司法書士に依頼をして申述をしてもらうことが可能です。


▼関連記事▼
・相続税の申告をする時は相続相談をしよう
・相続相談ができる専門家は弁護士
・相続相談ができる専門家は税理士