相続税の申告をする時は相続相談をしよう

日本には国民に課される税金があり、税金を支払って生活をしている人が一般的です。例えば商品を購入する時は商品代金とは別に消費税がかかります。また、家などの不動産を所有しているご家庭においては毎年、固定資産税を支払うことになるでしょう。このように税金には複数の種類がありますが、税金の支払いで困る方が多いのが相続税です

相談相続税は相続をする時に発生する税金です。相続をする時は親族がお亡くなりになり自身が法定相続人である時です。相続税は故人が所有する全ての所有物にかかることはありません。例えば相続税がかからない所有物として挙げられるのが墓地や墓石、仏壇になります。このようにかからない対象物もありますが、逆に相続税がかかるモノとしては不動産や故人の遺産になります。そのため、法定相続人がこれらの故人が所有していたモノを相続する必要があります。

相続をする時は遺産の分割する割合を決めます。ご家庭の中には法定相続人が一人しかいないという方もいますが、複数の法定相続人がいる時は分割が必要となってきますし、遺言書がある場合はそれに沿った方法での分割をします。また、相続をした時は相続税の申告をしなければなりません。これから相続税を支払わなければならない人の中にはどのように書類を作成すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。日本ではそのような相続税の申告に困る方をサポートしてくれる専門家がいます。では実際にどのような専門家に相続相談をすることができるのでしょうか。


▼関連記事▼
・相続相談ができる専門家は司法書士
・相続相談ができる専門家は弁護士
・相続相談ができる専門家は税理士