相続相談ができる専門家は税理士

お金相続相談ができる相手はその他にも税理士を挙げることができます。税理士では生前贈与の相談も行うことができます。生前贈与は遺産の所有者が生きている時に贈与をすることです。生前贈与をすることで予め相続する遺産を少なくすることができます。しかし、生前贈与には贈与税が発生するので、税金を支払わなければなりませんが、生前贈与には控除が設けられているので、ご家庭によっては結果的に相続税を節約することができる可能性があります。

相続相談を税理士にするということで、代わりに相続税の申告や準確定申告を行ってもらうことができます。相続税の申告は法律に基いて行うことが求められるので、法律に詳しくない人は負担がかかると感じる人も多く、税理士に依頼することでその負担を軽減できる可能性があります

税理士に依頼をすれば更正請求をしてもらうことが可能です。更正請求とは一度申告をしたがその内容に誤りがあり訂正をするための請求になります。特に初めて相続をする人の中には申告をする時に謝る人も少なくないため、誤って申告をした時にはどのように訂正をすればいいのか分からない人も多いです。もし依頼をすればこのような請求も代わりに税理士に行ってもらうことができます。


▼関連記事▼
・相続税の申告をする時は相続相談をしよう
・相続相談ができる専門家は司法書士
・相続相談ができる専門家は弁護士

相続相談ができる専門家は弁護士

相続相談ができる相談相手は司法書士だけでなく弁護士にも乗ってもらうことができます。弁護士は法律の専門家で民事を専門に行う方も少なくなく、法律事務所の中には相続相談も扱うところが少なくありません。相続税の申告なども弁護士に代わりに行ってもらうことができますが、その他にも弁護士においては様々な相続相談をすることができます。

握手弁護士にできる相続相談は相続トラブルです。相続税を申告するまでには様々な過程があります。例えば法定相続人が複数いるご家庭では遺産分割協議を行い協議書を作成しなければなりません。分割をする時に法定相続人の中に遺産分割の割合に不満がある時にはトラブルに発展するケースもあります。トラブルが発生する法定相続は自分だけでは解決することが困難な場合もあるので法律の専門家である弁護士に依頼をして代理人を立てることができます。

弁護士には調査を依頼することも可能です。相続をする時はまず初めに相続ができる遺産や、相続人を把握しなければなりません。遺産や相続人の数が多いと正確に把握するのが難しいので、調査を弁護士の方に代わりにしてもらい相続人や遺産を知ることができます。その他にも相続放棄などの相談も可能です。


▼関連記事▼
・相続税の申告をする時は相続相談をしよう
・相続相談ができる専門家は司法書士
・相続相談ができる専門家は税理士

相続相談ができる専門家は司法書士

相続相談ができる相談相手は司法書士です。司法書士に相談できる内容は不動産登記が中心となります。司法書士は不動産の相続登記を扱ってくれます。相続する遺産の中に不動産が含まれる人は少なくないでしょう。不動産を相続する時には持ち主の名義を変更しなければなりません。しかし、不動産所有者の名義を変更する機会は少ないためどのように手続きをすればいいのか分からない人もいます。そのような方は司法書士に相続相談をすればアドバイスや書類作成の協力を得られます。

女性司法書士は遺言書の作成や検認の依頼ができます。遺言書を作成するのは主に被相続人になります。また、検認を司法書士に被相続人が依頼することで中身を確認して家庭裁判所で保管をしてもらうことができるので、内容を書き換えられるリスクが少ないので安全に管理をすることができます。

司法書士に依頼をすれば相続を放棄するための申述も代わりに行ってもらえます。遺産は全て法定相続人の利益になるということは少ないです。例えば被相続人に負債などの借金がある場合、それも遺産になるので法定相続人は相続をすると借金返済の義務が発生することになります。このような遺産を引き継ぎたくない時には司法書士に依頼をして申述をしてもらうことが可能です。


▼関連記事▼
・相続税の申告をする時は相続相談をしよう
・相続相談ができる専門家は弁護士
・相続相談ができる専門家は税理士

相続税の申告をする時は相続相談をしよう

日本には国民に課される税金があり、税金を支払って生活をしている人が一般的です。例えば商品を購入する時は商品代金とは別に消費税がかかります。また、家などの不動産を所有しているご家庭においては毎年、固定資産税を支払うことになるでしょう。このように税金には複数の種類がありますが、税金の支払いで困る方が多いのが相続税です

相談相続税は相続をする時に発生する税金です。相続をする時は親族がお亡くなりになり自身が法定相続人である時です。相続税は故人が所有する全ての所有物にかかることはありません。例えば相続税がかからない所有物として挙げられるのが墓地や墓石、仏壇になります。このようにかからない対象物もありますが、逆に相続税がかかるモノとしては不動産や故人の遺産になります。そのため、法定相続人がこれらの故人が所有していたモノを相続する必要があります。

相続をする時は遺産の分割する割合を決めます。ご家庭の中には法定相続人が一人しかいないという方もいますが、複数の法定相続人がいる時は分割が必要となってきますし、遺言書がある場合はそれに沿った方法での分割をします。また、相続をした時は相続税の申告をしなければなりません。これから相続税を支払わなければならない人の中にはどのように書類を作成すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。日本ではそのような相続税の申告に困る方をサポートしてくれる専門家がいます。では実際にどのような専門家に相続相談をすることができるのでしょうか。


▼関連記事▼
・相続相談ができる専門家は司法書士
・相続相談ができる専門家は弁護士
・相続相談ができる専門家は税理士